chigau

いろんな人と出会いと別れを繰り返してはきたもののこれといって寂しさはない、というと嘘にはなるが、根本的にもう何か他人と自分が違うなあ、と感じてしまうのにはもう寂しさはない。

こんな広い世界なら、きっと自分と向き合える人がきっと居るかもしれない。だけどそんな自分と向き合ってもらうのが申し訳ないとか、それこそこの生まれながらにしての重さに相手がついてこれなくなるのか、どちらにしても結果は同じだ。

自分がこの世に存在しても良いのだと誰か肯定してほしい。自分では埋められないこの自己肯定感を自分以外の人に埋めてもらいたい。自分勝手でもエゴでもなんだっていい。この世に縋る限りはせめてこの世に存在しても良い理由をくれよ。それをずっと必死こいて、しかもいろんな方面から探してきたのに、全く見つからない。だからこそ思う、自分はこの世に縋る必要はないし、必要ともされていないし、居たって居なくたって良い存在。もう死にたさもなくなるぐらいに消えたいよ。跡形もないぐらいにみんなの記憶から消え去りたい。だからもうさっさと忘れて。最初から居なかったって言ってほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. sun

  2. not

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の投稿

最近のコメント

  • if綺奈 より
  • if名無し より
  • sanzan綺奈 より
  • koe綺奈 より
  • koeもやし男 より

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。